↑ Click here ↑
order from OVERSEAS!
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
※CDプレスのお知らせ


★ LINE公式アカウントへの登録 LINE公式アカウントQRコード
「LINE公式サカウント」登録は < コチラ > より! 新譜情報の他、各問い合わせ(在庫状況、営業時間など)に利用ください。 手動返答なので遅れる場合があります!
※オムニバスCDリリース!
「前略、7丁目にて…」
#scene2

2010/05/10 Release!!

ジャケットをクリック!
絶賛発売中!
「前略、7丁目にて…」
#scene1

2008/06/11 Release!!

ジャケットをクリック!
絶賛発売中!


店長日記はこちら

ラ 行
並び順を変更[ おすすめ順 |価格順 |新着順 ]
627円(税46円)
1,296円(税96円)
グルーヴィーに夜を泳ぐダンスロックバンド ラパンテット の4曲入りEP音源。全曲ダンスチュ−ンではあるが全力ハッピーという訳ではなく、Vo.Key.しほののリリックにはどこかシニカルで棘があり小悪魔的要素を感じさせられる。タイトルトラック「小龍包」とライブ定番曲「グッドバイ・サブカルチャー」を収録!
1,000円(税74円)
”夜の泳ぐ”ように躍らせてくれる ラパンテット の2ndミニアルバムは、強固になったグルーヴ力にアーバンなリズムギター、Vo.Key.しほののが魅せる時にやんちゃで時に憂いのある声が特徴的。「ドラマチック」収録。
1,500円(税111円)
Vo.Gt.璃菜の刹那な非現実世界を泳ぐようなリリックと感性に任せた変拍子構成が先鋭的な楽曲を産み出していてヒリヒリと焦がされる感覚に没入します・・。これぞ lical な「群青的終末論」と100%ポップスに振った可愛らしい「yallow iris」を収録。
1,000円(税74円)
別バンドでキャリアのあるメンバーが集まってパーティーバンドを結成?戦隊ヒーローが如く色分けされた衣装とキャラ設定。「笑いあり笑いあり、ちょっと涙あり」の歌ものロックバンド。「ロックマンしたい」「コンビニエンスシンドローム」収録。
1,000円(税74円)
1,000円(税74円)
前作から約2年ぶりとなるVo.Gt.コヤマユイ擁するポップスバンドRETOの2ndシングル。父親に充てて書いた「あのね」今までに無かったテンポ感のあるロックチューン「Restart」収録!
1,500円(税111円)
大阪を中心に活動するオルタナガールズロックバンドRagRatsの2ndミニアルバム。前作から、より重厚によりテクニカルになったサウンド。MC無しのライブが潔くストイック。「序章の続き」「影と光」収録。
2,000円(税148円)
2015年、秋。関西のギターロックシーンを牽引してきた彼らが”仲良く”解散するにあたりリリースしたラストアルバム。ここまでの感謝を込めて綴られた8曲。
1,000円(税74円)
密かに?話題になっている京都のガールズ3ピースバンド「リツコ」の4曲入り音源。UKロックmeets京都サウンドが異質で新鮮かつポップ!「クラムジー・ムービー」「long way」収録。
500円(税37円)
京都のギターロックバンドLINE wanna be Anchorsの枚数限定シングル。ソリッドかつクール、色気のある退廃的なサウンドで躍進中。リード曲「棘の感触」がオススメ!
300円(税22円)
300円(税22円)
300円(税22円)
1,500円(税111円)
大阪を中心に活動するオルタネナ・ポストロックなガールズバンドRag Ratsの1stミニアルバム。普段、男性ロックバンドと対バンしてるだけあって重めなロックサウンドを聞かせてくれる。「Fake」「創造」がオススメ!
500円(税37円)
平均年齢17歳の3ピースガールズロックバンド Rick Rackの1st.CD。類稀なるギターテクニックを持つVo.Gt.SERINAを中心にハードで尖ったロックを聞かせてくれます!代表曲「幾千の出会いと一つの奇跡」収録!
1,000円(税74円)
ロマンチップスの3rdシングルは、よりウタものポップスに特化した作品で、コーラスワーク・コード感など今作をもって”ロマンチップス節”が確立されたと言える作品。ミドル・ハイ・バラードとテンポバランスの良い収録曲。「タイムマシン」「三日月のバラッド」シオススメ!
1,296円(税96円)
1,620円(税120円)
出会いや別れ、新しい何かを始める皆を感謝の気持ちで受け入れてくれる うたものポップスバンド ロマンチップスの2ndミニアルバム。M-2「プラットホーム」が秀逸。※購入者先着で当店オリジナル缶バッヂ付き!
2,057円(税152円)
「ん?ライブ録音?」と思うくらい、エモーショナルの詰まったTHE LOCAL ARTのアルバム「MUSIC」。風刺でなく感情そのまま直接的に吐露した歌詞に驚愕。オンエアが難しそうな「ナイフ」「リプレイ」がオススメ。(ライブで聞くしか無い!)
前のページ | 次のページ